お問い合わせ先
〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
TEL 075-671-0336
FAX 075-671-0338
開所時間 午前9時~午後5時
休所日 木曜日(祝日の場合は翌金曜日)、年末年始
  • Twitter
  • Facebook
HOME > 人獣共通感染症 > 人獣共通感染症について
人獣共通感染症について

人獣共通感染症について

人獣共通感染症は,人とそれ以外の脊椎動物の両方に感染または寄生する病原体により生じる感染症のことをいいます。zoonosis(ズーノーシス),動物由来感染症,人と動物の共通感染症などいくつかの呼称があります。

人獣共通感染症には、人も動物も重症になるもの、動物は無症状で人が重症になるもの、人は軽症でも動物は重症になるものなど、病原体によって様々なものがあります。

ペットのような身近な動物にも関係することなので,正しい知識を持ってしっかりと予防しましょう。

ここでは身近な動物が関係する人獣共通感染症を紹介します。

人獣共通感染症

疾病名 関係する動物 人の症状 感染経路 動物の症状
狂犬病 全ての哺乳類 神経症状,狂騒,
麻痺,死亡
感染動物に咬まれる 神経症状,狂騒,
麻痺,死亡
サルモネラ
感染症
犬,猫,ウサギ,
サル,鳥,
その他の動物
発熱,腹痛,
下痢,嘔吐
病原体に汚染された
飲食物を介する
多くは無症状。
一部の動物で下痢
パスツレラ症 犬,猫,
その他の動物
受傷部の腫脹,発熱 犬,猫に引っ掻かれる,
咬まれる
多くは無症状,
まれに呼吸器症状
エルシニア症 犬,猫,ネズミ,
その他の動物
腹痛,発熱,下痢 病原体に汚染された
飲食物を介する
多くは無症状,
一部の動物で下痢
レプトスピラ症 犬,ネズミ,
その他の動物
インフルエンザ様症状,
黄疸,出血,腎障害
感染動物の尿に汚染された
土壌,水を介する
犬:腎炎
げっ歯類:ネズミ
ネコひっかき病 リンパ節炎 猫に引っ掻かれる 無症状
Q熱 犬,猫,
その他の動物
インフルエンザ様症状等 病原体に汚染された糞,
尿,羊水,乳汁を介して
多くは無症状,
妊娠動物で流産
カプノサイト
ファーガー感染症
犬,猫 発熱,倦怠感,吐き気,
頭痛,まれに重症化
犬猫に咬まれる 無症状
皮膚糸状菌症 犬,猫,
その他の動物
脱毛,かゆみ 感染動物との接触 脱毛,かゆみ
トキソプラズマ
感染症
猫,
その他の動物
流産,胎児の先天性障害 病原体の経口摂取,
病原体を含んだ生肉の摂取
多くは無症状
一部の動物で下痢,
神経症状
オウム病 インフルエンザ様症状 排泄物に含まれる
病原体の吸入
多くは無症状
↑