お問い合わせ先
〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
TEL 075-671-0336
FAX 075-671-0338
開所時間 午前9時~午後5時
休所日 木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • Twitter
  • Facebook
HOME > ニュース & トピックス > 2019年12月11日
  • 京都動物愛護憲章について
  • 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例について
  • 京都府動物愛護推進計画
  • 京都市動物愛護行動計画について
  • 人と動物が共生できるまちづくり基金
  • きょうとアニラブクラス
  • 機関誌愛ランド通信のページへ
  • 子ども向け動物愛護教育の教材
  • 京都夜間動物救急センター
ニュース & トピックス 2019年12月11日

「ペットの災害対策講座~日頃からできるまさかの備え~」の開催について

 飼い主がペットと共に避難所へ避難する際には,他の避難者の迷惑とならないよう,飼い主自らが責任を持ってペットを管理しなければならないため,災害時の備えとして,鳴き声やふん尿について適切な「しつけ」をしておくことなどが必要となります。
 また,災害に備えた「しつけ」などに普段から取り組むことは,ペットを正しく飼うこと(適正飼養)にもつながります。
 この度,動物愛護センターでは,ペットの飼い主の皆さんに災害対策について学んでいただくため,「ペットの災害対策講座~日頃からできるまさかの備え~」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

1 日時

令和2年1月18日(土)午前10時~午前11時40分

2 場所

京都動物愛護センター(南区上鳥羽公園内)

※ 車でお越しの方は,近隣のコインパーキングを御利用願います。

3 内容

時間 概要

午前10時

~午前10時40分

[講師] 山口 千津子氏(公益社団法人日本動物福祉協会顧問)

 これまでに発生した災害において,被災動物の救済,資金や物資の支援,ボランティア派遣に御尽力されています。

[講義]

過去の災害において浮き彫りになったペットに関する問題点について紹介し,どのような対策が求められるかを学びます。

午前10時40分

~午前11時30分

[講師] 松岡 幸子氏(認定NPO法人アンビシャス理事長)

[デモンストレーション等]

災害対策として,日頃から備えておく必要がある心構えや物資等について学びます。

災害時に,飼い主がペットと共に避難するためには,キャリーケースを用いることが有効です。そこで,ペットをキャリーケースに慣らし,自由に出入りさせるためのトレーニング等を,デモンストレーションを通じて学びます。

午前11時30分

~午前11時40分

[ふりかえり]

講義やデモンストレーションの内容から出題される問題を解き,理解を深めます。最後に,受講証をお渡しします。

 

4 参加費

無料

5 参加申込み

⑴ 申込方法

参加を希望される方は,事前に下記の問合せ先まで電話又は電子メールでお申込みください。ペット同伴の場合は,申込みの際にお知らせください。

⑵ 申込期間

令和元年12月11日(水)~令和2年1月12日(日)

6 定員

30人

※ 申込者数が定員を超えた場合,抽選となります。あらかじめ御了承ください。

7 問合せ先

京都動物愛護センター

 〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11

 TEL:075-671-0336

 E-mail:kateidoubutsu@city.kyoto.lg.jp

※ 開所時間は,午前9時から午後5時です。

※ 毎週木曜日は,休所日です。

※ 年末年始期間の休業日は,令和元年12月29日(日)~令和2年1月3日(金)です。

8 その他

ペット同伴での参加もできますが,ほえ続けるなど,他の参加者の迷惑となる場合は,退場していただくことがあります。

↑