お問い合わせ先
〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
TEL 075-671-0336
FAX 075-671-0338
開所時間 午前9時~午後5時
休所日 木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • Twitter
  • Facebook
HOME > ニュース & トピックス > 2020年12月19日
  • 人と動物が共生できるまちづくり基金
  • 京都動物愛護憲章について
  • 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例について
  • 京都府動物愛護推進計画
  • 京都市の動物愛護の取組について
  • ペットの災害対策について
  • きょうとアニラブクラス
  • 機関誌愛ランド通信のページへ
  • 子ども向け動物愛護教育の教材
  • 京都夜間動物救急センター
ニュース & トピックス 2020年12月19日

センター卒業猫の飼い主さんからお手紙が届きました!

 京都動物愛護センター(以後,「センター」と呼ぶ)では,府市一体となって犬猫の譲渡事業を推進しています。

 この度,令和元年度にセンターの保護猫(現在名:ツキ)の飼い主になってくださった方からお手紙が届きましたので,ご紹介します!

 ツキの飼い主さんは,もともとペットショップでの購入も含めて,猫を新しい家族に迎え入れられることを検討されていました。しかし,ペットショップであまりに高額な値段で猫が売られていることに驚かれ,保護猫を迎え入れることを前向きに検討されたそうです。その後,民間団体の譲渡会などに参加するなかでセンターのことを知られ,譲渡希望の申込をされました。

 新しいお家でのツキの様子 

 見学をされた際にツキと出会い,その際に「すごく可愛く,おとなしくて温厚そうなので,自分たちのライフスタイルに合いそう」という第一印象を持たれて,ツキを家族に迎える決断をされました。トライアル期間中は,ツキが新しいお家に緊張してしまい,怯えた様子が見られたそうですが,徐々に御家庭に慣れてくれて,今では一緒にいると膝の上にのって甘えてくれるそうです。

愛されている様子が伝わってきます。

 「ツキが来てから,家に帰ってくるのが楽しみになった。毎日癒されています。」と話してくださった飼い主さん。これからも,大切な家族の一員として,ツキのことをよろしくお願いします!

↑