お問い合わせ先
〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
TEL 075-671-0336
FAX 075-671-0338
開所時間 午前9時~午後5時
休所日 木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • Twitter
  • Facebook
HOME > ニュース & トピックス > 2020年10月21日
  • 京都動物愛護憲章について
  • 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例について
  • 京都府動物愛護推進計画
  • 京都市動物愛護行動計画について
  • 人と動物が共生できるまちづくり基金
  • きょうとアニラブクラス
  • 機関誌愛ランド通信のページへ
  • 子ども向け動物愛護教育の教材
  • 京都夜間動物救急センター
ニュース & トピックス 2020年10月21日

センター卒業猫の飼い主さんからお手紙が届きました!

 京都動物愛護センターでは,府市一体となって猫の譲渡事業を推進しています。

 この度,平成26年に京都動物愛護センターの保護猫「マチコ」の飼い主になってくださった方からお手紙が届きました!

 お手紙を送ってくださった飼い主さんは,もともとペットショップで猫を買うということに前向きになれず,なおかつ,大人の猫を希望されていたそうです。そういった条件に合う猫を探し,最終的に家庭動物相談所(京都動物愛護センターの前身組織,以後「センター」と呼ぶ)での保護猫の引き取りを希望されました。

 飼い主さんが譲渡希望の申込書を提出された際は,当時センターに収容されていた別の猫を希望されていましたが,その猫はお譲り渡し先が既に決定していたので,まだ飼い主が決まっていないマチコを紹介し,まずはトライアルという形で,マチコを飼い始められました。

迎え入れられた初日のマチコの様子。すぐにリラックスしてくれたようです。

 マチコは新しいお家で暮らし始めた初日からトイレを成功させ,お客さんが来たら優しく出迎えたり,翌朝から飼い主さんを起こしたり,すぐにお家に馴染んでくれました。飼い主さんは当時「すごく賢い猫がうちにきてくれた!」と思われたそうです。

 トライアル期間を経て,飼い主さんもマチコと暮らしていく決心をされ,マチコの正式譲渡が決定しました。マチコは正式譲渡後に「みーちゃん」という名前を付けてもらって,かけがえのない家族の一員となりました。

               
        最近のマチコの様子。すっかり家族の一員になりました。

 センターには,マチコの様な行き場を失った猫がたくさん収容されています。1頭でも多くの猫が幸せになれるよう尽力して参りますので,皆様の御協力のほど,どうぞよろしくお願いします。

↑