お問い合わせ先
〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
TEL 075-671-0336
FAX 075-671-0338
開所時間 午前9時~午後5時
休所日 木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
  • Twitter
  • Facebook
HOME > ニュース & トピックス > 2021年02月15日
  • 人と動物が共生できるまちづくり基金
  • 京都動物愛護憲章について
  • 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例について
  • 京都府動物愛護推進計画
  • 京都市の動物愛護の取組について
  • ペットの災害対策について
  • きょうとアニラブクラス
  • 機関誌愛ランド通信のページへ
  • 子ども向け動物愛護教育の教材
  • 京都夜間動物救急センター
ニュース & トピックス 2021年02月15日

センター卒業猫(センター名:ししまる)の近況報告

 京都動物愛護センターでは,府市一体となって犬猫の譲渡事業を推進しています。

 昨年度,京都動物愛護センターの保護猫「ししまる(現在名:カイ)」の飼い主になってくださった方から,近況報告をお受けしましたので,ご紹介します。長文ですが,愛情が伝わってきますので,ご一読ください。

●きっかけ

生き物をペットショップで商品として購入することに何となく抵抗があり,他の方法で探そうと思いました。京都動物愛護センターなら公的な機関なので安心だと思いました。

●はじめての印象

仔猫に留守番をさせるのは危ないという情報を保護猫サイトなどで読み,成猫の方がいいだろうと考えました。ただ,周囲の人から「仔猫の方が可愛い」とか「成猫は懐いてくれない」などの話を聞き,「仔猫の方がいいかも・・・」と迷い続けていました。

センターの方からご連絡をいただき見学に行きましたが,カイに会わせていただいた瞬間,不安や心配は吹っ飛びました。自由に走り回っている仔猫たちも,もちろん可愛かったんですが,部屋の奥でおっとりくつろいでいるその猫を見て,なぜか「この子しかいない」と思いました。他の猫と比べるとかいうこと自体,まったく考えられなくなりました。

自分自身と性格やテンポが似ていたからそう思ったのかも,と今では思います。あんまり運動神経が良くなくて,活動的じゃなくて,どこか自分本位(笑)。それに基本的に人間を好きそうな様子が見えたのも,初めて猫を飼う私にとっては安心できるポイントでした。これは,センターの皆さんにあたたかく保護されていたおかげかなと思います。

 愛護センター時代のししまる

●現在の様子

カイちゃんが家にいることが,本当に私の毎日を幸せにしてくれています。コロナで外出自粛になったり,自宅勤務が推奨されたりしているのも,私にとってはむしろカイちゃんと過ごせてうれしい状況です。笑 こんな素晴らしい猫は世界に二匹といません(どこの飼い主さんも,きっとそう思っているでしょうね)。カイちゃんと巡り合わせてくださって,京都動物愛護センターの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。 カイちゃんが少しでも快適に過ごせるよう,これからもお世話に励みます!(ブラッシングも歯磨きも大嫌いなカイちゃんですが,毎日少しずつやってます。笑)

 

 

 

 

 

 

現在のカイ

↑